彼女を待ちきれずにデリヘル嬢を呼んだw

俺の彼女の祖父母が住んでいる土浦まで、彼女を送っていきました。
本当はその日、一人暮らしをしている彼女のマンションに泊まりに行く予定だったのですが、
「ごめん!おばあちゃんが体調を悪くしたみたいで、今から土浦まで行くことになったの」と彼女からの連絡。

彼女は車の免許もないので、急いで電車で行くというので、俺が車で送ってやることにしたんです。
話によれば、入院するほどではない祖母の体調不良。
彼女のマンションに泊まれないのなら、土浦に到着するまでにラブホで休憩でもできればいと思っていました。

しかし彼女は車の中でも、おばあちゃんの心配ばかりで「ラブホ」なんて言い出すチャンスもなく土浦に到着。
翌日は俺も仕事が休みだったので、彼女が抜け出せるチャンスを望んで土浦のホテルに宿泊することにしました。

どうせ翌日には、また彼女を土浦まで迎えに来ることになってたし・・・

しかし夜になっても彼女が祖父母の家から抜け出してくることはなく、「ヤリたい!ヤリたい!」とばかり性欲だけが悶々としていた俺は、どうしても我慢できずに土浦のデリヘルから女をホテルに呼んで性欲を解消することにしたのです。

デリヘル嬢が到着してプレイに突入した瞬間から、彼女のLINEが届いたり電話があったり・・・
デリヘル嬢に「声出さないでね!」とお願いして、何事もないように彼女の電話に出る俺が情けなかったけど、デリヘル嬢は最高でした!

確実に可愛い風俗嬢を指名する

俺好みの可愛い風俗嬢を探しながら、いろんなエリアの風俗店を利用していました。
風俗店にはホームページなどもあって、あらかじめ在籍している風俗嬢の写真やプロフィールを見ることもできるのですが、
どうしても写真と実物が違っていたりするので、あまり信憑性がありません(笑)

そこで俺は、直接行ってアルバムを見たり、中にはマジックミラー越しに生の風俗嬢を見て選ぶこともできるので、この方法で可愛い風俗嬢を探すようにしていました。

先日俺が行ってきた土浦の風俗で、俺の中学校時代に初恋をした女の子にそっくりの風俗嬢を発見しました。
当然、俺の初恋の相手とは別人なのですが、あの当時の青春な思い出が蘇ってしまいました。

俺が土浦の風俗で見つけた風俗嬢は20歳の大学生でした。
喋りも愉快で、性格も可愛い風俗嬢でした。

土浦といえば、俺の中では「田舎」っぽいイメージがあったのですが、やはり若い女の子は都会の娘顔負けのお洒落を取り入れているので、比較できないほど可愛い子ばかりでした。

そしてプレイ内容も有名な風俗の女の子たちと変わらず、とても充実した快感を楽しむことができました。
プレイ中も、初恋の女の子と風俗嬢が重なってしまい、いつもより興奮してしまいました(笑)

写真指名より、マジックミラーで選べるお店が確実ですね!

PR
土浦風俗 つちたん

営業先で出会った美人デリヘル嬢

betwtweet5t

営業マンの仕事をやっている28歳の独身男です。
独身だからって、ブサイクだとか思わないで下さい!俺は意外とイケメンで女にはモテる男なんです。
でも、まだまだ遊びたいので特定の彼女はつくっていません。

先週、土浦の企業様へ、うちの会社で開発している社員管理システムの紹介に行きました。
どこにでもあるタイムカードなのですが、そのカード1枚で全ての管理をしてしまうと言う優れもの!

社長に挨拶をしてシステムを紹介しているとき、社長の娘と思われる美人な女性が入ってきました。
社長の横に座ると、俺の説明を一緒になって聞いています。
すると社長が常務に呼ばれてしまいました。
「おい、サトミ、この後の説明はお前が聞いておいてくれ」
そう言うと社長は応接室を出て行ってしまったのです。

「私、ここの社員じゃないんだけどね(笑)」と笑う女性。
「私は別の店で働いてるから説明聞いても無駄よね(笑)」
これでベストタイミングだと思い、女性の働いている企業を紹介してもらおうと考えました。
すると女性は、
「私の働いているところはタイムカードとか必要ないから」とのこと。
そして女性は、
「私、土浦のデリヘルで働いてる人気No1のデリヘル嬢なんだよ」と軽く言ったのです。

確かに、デリヘルならタイムカードは必要ないか・・・
一人のデリヘル嬢が1日に相手をする客の数を管理するシステムを作ろうかと思ってしまった(笑)